エンジニア派遣の教育・研修体制(デザインネットワークのケース)

2016/12/27

エンジニア派遣を行っている企業は数多くありますが、デザインネットワークはエンジニアの研修・教育に力を入れています。
基本的な技術の習得だけではなく、スキルを磨くための研修、そして人間力を養成する研修を行っており、先輩社員のバックアップもあります。
今回はエンジニア派遣を目指す新卒の方に、デザインネットワークの研修体制と、先輩社員の声をご紹介します。

デザインネットワークの教育と研修体制とは

ook58_kokosugokuyokuderutokoro_tp_v

デザインネットワークでは新卒採用・キャリア採用問わず丁寧な研修・教育を行っています。
多彩な研修を通して技術力や人間力を養成し、単に技術力の高さや経験だけを重視するのではなく、クライアント企業やチーム内でのコミュニケーションをしっかりと取り、円滑に業務をすすめることができる人材の育成を行っています。

新卒採用の研修

新卒採用では、合宿研修を取り入れており、新入社員は同期とのコミュニケーションを深めながら技術を身に着けていきます。
また基礎技術の習得だけではなく、その重要性を理解し、「自ら学ぶ」能力を身に着けられるように指導をしています。

キャリア・プロジェクト参画社員

個々のスキルをチェックしたうえで、必要な技術研修を行います。
また参画するプロジェクトで必要とされる技術や開発ツールの取得も大切な研修の目的のひとつです。

技術教育ツール

単元教育カリキュラムや資格取得支援制度があり、社内勉強会も開催されています。
例えば静岡エリアでは、機械の「技術士」資格を取得している先輩社員がおり、資格取得を目指す勉強会が行われています。

「技術士」という資格があるのですが、「技術士」資格の機械分野を先輩の渡辺さんが取得されました。
技術者派遣という働き方だと、一つの分野で経験を積むことができず、取得するのはかなり難しいとされている資格なんです。
渡辺さんが、「機械分野の資格は少ない。技術士という資格は技術力の証明になる」と教えてくれました。
これから毎月1回の勉強会に参加して、技術士補の資格をまずは取得したいと思っています。
引用元:森岡 拓也|機械系エンジニアhttps://dn-recruit.co.jp/archives/interview05/

エンジニア派遣という働き方では取得が難しいとされる技術士ですが、デザインネットワークには2名の資格取得者がいます。
単に勉強をするだけではなく、キャリア相談ができる先輩社員が身近にいるのは心強いですよね。

「人間力」の育成

デザインネットワークでは、技術力を高める為に資格の取得を推奨するだけではなく、「人間力」を高める研修を行っています。
エンジニア派遣では、単に技術力が高いだけではクライアントのニーズを満たすことはできません。
その為、「導入」「初級」「中級」「上級」の4つのステップにわけ、ビジネスマナーやコーチングからマネジメントまで、幅広い研修で人間力の育成を目指しています。

デザインネットワークの教育・研修制度に興味をお持ちの方は、是非こちらもご一読ください。

デザインネットワークの「研修システム」

気になる!デザインネットワークの「教育・研修」に関する先輩の声

実際にデザインネットワークで働いている先輩たちをご紹介します。

機械系エンジニア 青木 博 28歳(2016年当時)

SONY DSC

大学でも設計の勉強をしていましたが、将来仕事に活きるかどうかというところまで考えながら勉強していませんでした。
研修では設計の基礎なども含めて復習することができ、「実際の業務ではこうゆうところで使われているんだ」と想像しながら研修を受けることができて良かったです。

将来的な展望をしっかりと持っている学生は意外と少ないものです。
デザインネットワークに入社する社員の多くも、明確なキャリアプランを持っておらず、入社後に多彩な職場を経験することで、自分の目指したいキャリアの方向性を模索していきます。
エンジニア派遣という働き方を通じて、そのあとどんなキャリアを歩んでいきたいのか。
悩んでいる方は是非、デザインネットワークで働きながらキャリアプランを考えてみてはいかがでしょうか。

ソフト系エンジニア 花城 健志 24歳(2016年当時)

img_img_0105

私の現在の業務は後輩が配属されて来るので、設計書の作成を教えているところです。
私も設計業務を担当するのは初めてだったので、自分の業務もままならない中、同時に後輩にも教えるのはちょっときついのですが、人に教える経験を積んだことで自分自身が成長できたとも思います。

デザインネットワークでは、年齢や経験にとらわれることなく、本人のやる気次第でどんどん仕事を任せていく環境があります。
早期で後輩教育を担当することで、人に知識や技術を教える経験を積むことができ、マネジメントに近い経験を積むことができるというメリットがあります。

機械系エンジニア 鈴木 了介 27歳(2016年当時)

img_0100

今の技術力に関しては、社会に出てから研修でほとんどを学びました。
はじめてクライアント企業に派遣されたのは2014年6月だったのですが、当時は、「ほんとに自分でついて行けるのか?」と悩みました。
幸い先輩や所長に相談しやすい環境だったので、9月ごろに少し改善がみられるようになりました。
本当にホッとしたし、その頃から仕事が楽しくなってきました。

仕事に必要な技術に不安があっても、丁寧な研修とバックアップ体制があるので、技術を身に着けながら働くことができます。
先輩社員は、不安を抱えながらも少しずつステップを踏んできた人たちばかりです。
同じ境遇を経験している先輩から、経験にもとづいた適格なアドバイスを受けることができます。

まとめ

デザインネットワークの教育・研修制度の魅力をご紹介しましたがいかがでしたか。
エンジニア派遣では、単にスキルを取得し経験を積めば良いわけではありません。
大切なのは、チーム内やクライアント企業と円滑に業務をすすめることができるコミュニケーション能力や「人間力」です。
最初は誰もが未経験で不安を抱いているもの。
デザインネットワークの教育・研修で、スキルを身に着け、ステップアップを目指してみませんか。