正直よくわからない!「エンジニア派遣」の業界を徹底分析!

2016/12/27

エンジニア派遣業界が気になるけれども、実態が分からなくて不安を感じている方に向けて、エンジニア派遣業界がどんな所なのかをご説明します。
派遣会社の選び方や、ブラック企業の見分け方など、就活で気になるポイントにも触れていますので、就活中の学生の方は是非ご一読ください。

「エンジニア派遣」とは

00_pp53_pp_tp_v

「エンジニア派遣」という働き方

エンジニア派遣は、「特定派遣」という働き方で、一般的な派遣とは契約が異なります。
一般派遣は有期雇用で非正規ですが、特定派遣の場合正社員雇用で有給やボーナスもあり、退職金が支払われます。

派遣で働くエンジニアは、「ベテランですでにスキルを磨いてキャリアを重ねた人」というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実は中途採用だけではなく新卒採用も行っています。
デザインネットワークでは、特に新卒採用に力を入れており、丁寧な研修体制やバックアップ体制を整えているので、新卒入社でも安心です。

派遣会社はどうやって選ぶの?

エンジニア派遣に興味を持っていても、派遣会社が多すぎてどの会社がいいのかわからないという方も多いかと思います。
そこで派遣会社の選び方のコツをご紹介します。

・会社説明会で抑えたいポイント
会社説明会は、企業研究のためにも外せないポイントです。
実際に働いている先輩の生の声を聴いてイメージにギャップがないか、自分の専攻や強みをいかせそうか考えてみましょう。
担当者の対応や会話に違和感を感じたら、会社の評判を調べてみることもオススメです。

・合同説明会に参加する前に
まずはエンジニア派遣を行っている企業のWebサイトを確認しましょう。

事前に企業の情報を収集しておくことで、他社比較もできますし、説明会当日に確認しないといけないことを事前に洗い出しておくこともできます。合同説明会に参加する前に情報収集をしっかりと行うことで、お目当ての企業をピックアップしておきましょう。
合同説明会は参加者が多く、混んでいると思った通りに企業ブースを周れないものなので、優先順位をあらかじめ決めておくことが大切です。

・OBやOG訪問も積極的に!
実際に働いている先輩社員の生の声を聞くチャンスがOB・OG訪問です。
志望先の企業に大学のOB・OGがいる場合には、是非訪問して待遇や労働時間などの実態を聞いてみましょう。

エンジニア派遣業界ってブラックなの!?

00_pp25_pp_tp_v

ブラック企業の見極め方とは

新卒の学生が特によく気にするのが「ブラック企業の見極め方」です。
ブラック企業というのはその人の価値観によって認識が異なります。
新卒からバリバリと仕事に打ち込みたい方にとっては、残業の多い職場は理想的かもしれません。
また、丁寧な指導を売りにしている会社は、人によってはプレッシャーがかかるかもしれませんが、新卒入社の方にとっては安心して仕事をスタートできるメリットになります。
このように、ブラック企業の定義は人によって千差万別なのです。

とはいえ、明らかにブラックな企業で働くのは誰もが避けたいものですよね。
そこで以下の点をチェックすることをオススメします。

・待遇や就業時間等をきちんと教えてくれるか
就活の面接や説明会で残業時間に対して言葉を濁したり、就活生が質問するまで待遇には一切触れないケースは若干怪しいと言えます。
ホワイト企業の場合は、積極的に残業時間や待遇に関して情報公開を行っているだけでなく、そのことを自社の魅力としてアピールしていることも多くあります。

・離職率が高い
業界や職種によって離職率は異なりますが、同業他社と比較しても離職率が突出して高いのは、会社の体制に何かしらの問題があると考えざるを得ません。
厚生労働省では、「新規学卒者の離職状況」をWebサイト上で公開していますので、是非参考にしてみてください。

・求人票から分かること
即戦力ではない新卒採用なのに、年収があからさまに高い場合や、応募ハードルが極端に低い場合は、採用に苦戦していることがわかります。また、抽象的な「やりがい」を主張する文言は、他にアピールするポイントがないと考えることもできます。

大企業はホワイト企業!?

就活中の学生によくある勘違いが、「大企業=ホワイト企業」という思い込みです。
大企業は必ずしもホワイト企業ではなく、一部上場の大企業の中にも、ブラック企業は存在しています。
「大企業」「中小企業」の枠にとらわれることなく、企業の本質を見抜くことができるように心がけましょう。

エンジニア派遣業界のこれから

tsu_img_2442_tp_v

2015年には、日本の15歳~64歳の生産年齢人口が、7000万人まで減少してしまいます。
少子高齢化が急ピッチで進む中、優秀な人材の確保はどの企業にとっても重要な課題のひとつといえます。
大企業であっても優秀な人材を確保するためには、限定正社員制度やモバイルワーク・テレワークの導入など、「ワークライフバランスを大切にしながら働きたい」というニーズに応えざるをえないのです。
そんな中、スキルや技術を持ったエンジニアの確保もまた難しくなっていくことは想像に難くありません。
つまり優秀な人材のニーズは、これからも高まりをみせていくと予測されており、活躍できるフィールドが広がっているのです。

エンジニア派遣の「ニーズ」

注意したいのが「優秀な人材」というのは、単にエンジニアとしてのスキルや経験が評価されるわけではなく、人となりやコミュニケーションスキルなどの「人間力」も関係する点です。
どんなに優れたエンジニアであっても、クライアントとコミュニケーションを円滑にとれないのでは意味がありません。
デザインネットワークでは、エンジニアとしてのスキルを高めるのは勿論、「人間力」の育成にも力を入れており、コミュニケーションだけではなく意識改革やコーチングなど多彩な研修を行っています。

エンジニア派遣を行っている企業の多くが、研修制度を売りにしています。
しかし、5年後・10年後を見据えた長期の人材育成計画をしっかりと立て、一人ひとりに合った指導を行うことができる企業は少ないといえます。
デザインネットワークの多彩な研修制度を利用して、スキルアップをはかるだけではなく、人間性を磨いてステップアップを目指してみませんか?

まとめ

エンジニア派遣業界についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
デザインネットワークには、エンジニア派遣を希望する理系の学生が毎年数多く入社しています。
先輩たちがなぜデザインネットワークを選んだのか気になった方は、是非デザインネットワークの説明会に足を運んでくださいね。
みなさんのお越しをお待ちしております!