青木 博|機械系エンジニア

2016/10/18

行動したからこそわかることがある。就職もそうだった。

氏名:青木博
年齢:28歳
現在の業務内容:船舶推進用二元燃料機関の設計業務及び発電用ガス機関の設計。主に3DCADを用いた設計をしている。
趣味:スポーツ、バスケ
最近ハマっていること:筋トレ

デザインネットワークの仕事について

SONY DSC

――現在はどのような仕事をされているのですか?

私は今、工場に併設されている事務所で設計の業務を担当しています。
主にガスを燃料とした船のエンジンの設計をしています。
設計という作業は常に根拠が必要です。
ネジ一本にしても何故その形なのか、なぜその長さなのかなどなど。

――今まで一番やりがいのあった仕事を教えてください

発電用のエンジンの新しい機種の設計を担当した際、自分が設計したエンジンを新潟の工場まで行き、組み立て作業に立ち会いました。
入社1年半頃で初めて担当した大きな仕事だったので不安もありましたが、実際に組み立てられたエンジンを間近で見たときには感動しました。

また、工場側の作業者に頼られた時にはいつも以上にやる気が出ます。
普段は事務所で設計している自分たちと工場側の作業者はほとんど接点がありません。
だからこそ、頼られた時には設計者として認めてもらったような気がして本当に嬉しかったです。

あと、日本初のガスを燃料としたエンジンで動く船を造船するプロジェクトに参加した時もやりがいを感じました。
実際に横浜で就航しているんですが、そのような多くの人の目に触れるような仕事にこれからももっと携わっていきたいと思っています。

――デザインネットワークの研修体制はどうですか?

大学でも設計の勉強をしていましたが、将来仕事に活きるかどうかというところまで考えながら勉強できていませんでした。
研修では設計での基礎なども含めもう一度勉強でき、「実際の業務ではこうゆうところで使われているんだ」と想像しながら研修を受けることができて良かったです。
研修では新鮮な発見もあり、本当に楽しかったです。
しかし、現場では研修で学んだことだけでは対処できないことがたくさんあります。
最初は自分のレベルと求められるレベルのギャップに悩みましたが、周りの人に助けられ、ここまでやれています。

――デザインネットワークで働こうと思ったきっかけは何ですか?

大学の就活支援をしている先生に薦められたことがきっかけでした。
大学で設計の勉強をしていたとはいえ、卒業するのに必死だったということもあり、あまり就職活動に力を入れていませんでした。
特に興味のある仕事もありませんでした。
今では責任のある仕事も任され、やりがいを感じながら仕事ができていると実感できているので、人生はちょっとしたきっかけで変わるんだなと感じています。

仕事以外でのプライベートについて

img_hiroshi-aoki

――休日は何をして過ごしていますか?

奥さんと過ごすことがほとんどです。
近くのショッピングセンターに行って買い物をしたり、結構普通に休日を過ごしてます。
映画を一緒に観に行くこともあり、「君の名は。」はもう3回も見ちゃいました(笑)
また、奥さんがピクサーの映画が好きなこともあり、アニメーション系もよく見ます。
あとは、身体を動かすことも好きです。
高校までバスケ部に所属していましたので、今でも休日にはクラブチームでバスケをして汗を流しています。

――最近筋トレにハマっているとお聞きしましたが

正月にすごく太ってしまって(笑)
近くの市営ジムに奥さんと行って体組成計に乗ったときに「これはヤバい…」って思いました。
最初はダイエットで始めたんですけど、調べていくと筋肉もしっかりつけたほうがいいとわかり、体づくりにハマってしまいました。
この3ヶ月間でなんと10キロも落とすことができました!

――入社半年後にご結婚されたと伺いましたが、結婚生活はいかがでしょうか?

充実してます!
高校の頃から付き合っている彼女とそのまま結婚したので、気心も知れていますし。
仕事から帰宅した後、奥さんといっしょにテレビを見ることが息抜きになっています。
たまに怒られることもありますが(笑)

でも、料理も美味しいし、奥さんが働き始める前は毎日お弁当も作ってくれていました!
いつも感謝しています。
長期休みの時は奥さん側の親戚達とロッジを借りてキャンプしたりと、プライベートも充実しています。

――将来の夢はなんですか?

自宅に体育館つくりたいです!
それで毎日バスケしたいです。
最低でも庭にコートを作って、大きな家に住みたいです(笑)

――就活中の後輩たちにメッセージをお願いします

自分があまり就活をちゃんとしていなかったので、あまり良いアドバイスはできませんが…。
会社に入ってからだってやりがいを見つけられますし、頑張り甲斐のある仕事はたくさんあると思います。
僕みたいに将来が漠然としていても、「迷わずチャレンジ!」「とりあえずやってみてください!」とエールを贈りたいです。