若松 健人|ソフト系エンジニア

2016/10/18

「プログラミング」は仕事だけでなく、趣味なんです

氏名:若松 健人
年齢:25歳
現在の業務内容:計測機の制御ソフトウェア開発
趣味:ゲーム
最近ハマっていること:Androidアプリ開発

デザインネットワークの仕事について

――どんな仕事をされているのですか?

私は今、計測器の制御ソフトの制作を担当しています。
10個以上ある計測器をwindowsで一括制御できるソフトの開発を行っています。
クライアント先には、設計ができる技術者が少ないので、「設計を外注したい」というニーズが多くあるように感じます。

――仕事で挫折をした経験はありますか?

2014年に新卒で入社し、4月から新人研修を埼玉・大宮の社宅で住み込みながら受けたのですが、課題が全くできずに、教育担当の方にご迷惑をかけっぱなしだった時が入社後初の挫折でした。
2014年8月に今の客先に配属されました。
現在も同じ企業で働いています。
はじめての配属で、不安はだいぶあったのですが、いっしょに働いている先輩や客先で「参考になる」人の真似を常にするように心がけ、技術を身に付けることで不安を解消するように頑張りました。
同僚は4人いて、1年後輩にあたる増田さんとはたまに飲みに行くこともあります。
2015年になってから、所長に「客先からの評判が良いよ」という話を聞き、モチベーションが非常に上がった覚えがあります。
客先に自分から積極的に改善提案できるようになったのもその頃からですね。

――デザインネットワークの研修体制と教育体制はどうですか?

2016年の夏に、入社3年目のフォローアップ研修に参加しました。
技術的な面ではなく、「ビジネススキル」と「社会人スキル」に重点を置いた研修で、「ビジネススキル」では報連相を更に噛み砕き、「最適な報告方法」を学びました。
この他にも多彩な研修があり、これまで使ったことがないツールの研修等も行われることがあります。
私自身挫折を経験しましたが、相談相手がいる環境だったのは良かったですね。
といっても、ソフト部門の先輩はいなかったのですが、他の先輩に相談をしたり、客先の方もフォローをしてくださったのが嬉しかったです。

――仕事のやりがいについて教えてください

自分で作ったものが本当に動いた時、ホッとしますよね。(笑)
辞めたいと思ったことは今のところないですが、新入社員時の研修では少しですが気持ちが折れそうになったのも今ではいい思い出です。
これからは、プログラミングだけではなく、設計を頑張っていきたいと思っています。
今見返してみると、昔の自分のコーディングが気になるんですよね。
それって私が成長することができた確かな証だと思います。
成長を実感できた時「入社して良かった」と思いました。
上司に相談することで、自分のキャリアプランにマッチングする会社へ異動も可能で、選択肢が多くあるのもデザインネットワークの魅力です。

仕事以外のプライベートについて

img_0075

――仕事でも使う「パソコン」は気分転換にもなる

高校までは秋田県に住んでいたのですが、塾の手伝いのアルバイトをしてお金を貯め、高校2年生で初めてのパソコンを購入し、プログラミングに興味を持ちました。
その後、青森大学の情報学部に入学し、ひとり暮らしをはじめました。
大学の頃から独学でプログラミングを勉強しはじめて、今はAndroidのアプリ開発にハマっています。
Javaを使っていますが、仕事では使わない言語なので、完全に趣味の領域ですね。
最初は電卓のような簡単なものからスタートして、少しずつ独学で覚えていきました。
趣味としての「プログラミング」は、自分の好きなようにできるし、息抜きにもなるのが良いですね。

――昨年ご結婚なさったと伺いましたが、新婚生活はいかがでしょう?

現在の客先が、新潟県の柏崎市という所なんですが、学生の頃から付き合っていた妻と遠距離になってしまいまして。
2015年に結婚して、今は2人で一緒に映画を観たり外食を楽しんだりしています。
先日は「シン・ゴジラ」を妻と一緒に観ました。
派手さが良いですね。面白かったです。
実は、入社してから10キロ以上太ったのですが、先輩たちからは「幸せ太り」とからかわれています。(笑)
入社時は筋トレが趣味だったのですが、今は運動を全くしていないので、そのせいかもしれませんね。
繁忙期でなければ18時位には帰宅できるので、家でゆっくりと過ごしてしまっています。

――これから入社する後輩にアドバイスをお願いします

わからないことは何でも聞いてください。
悩みやわからないことをため込んでしまうのって、良くないと思うんです。
悩みごとや迷ったことがあれば、一緒に考えていくので相談してくれると嬉しいですね。