鈴木 了介|機械系エンジニア

2016/11/04

新卒で配属先が決まった瞬間、結婚を決めました

氏名:鈴木 了介
年齢:27歳
現在の業務内容:温水暖房便座の外装部品設計補助
趣味:映画鑑賞
最近ハマっていること:休日に映画を観に行くこと。平日通勤時にスマホゲームすること。 

デザインネットワークの仕事について

――期待の成長株と伺いました

大阪府出身で工学院大学の工学部を卒業し、2014年4月に新卒として入社しました。
入社時はいろいろとついていけないことがありましたが、「成長したね」と所長から評価していただけるようになりました。
クライアント企業からの評価も高いと言われているのですが、自分では見ることができないので気になります。

今の技術力に関しては、社会に出てから研修でほとんどを学びました。
はじめてクライアント企業に派遣されたのは2014年6月だったのですが、当時は、「ほんとに自分でついて行けるのか?」と悩みました。
幸い先輩や所長に相談しやすい環境だったので、9月ごろに少し改善がみられるようになりました。
本当にホッとしたし、その頃から仕事が楽しくなってきました。

――どんな仕事をしているんですか?

僕が派遣されたのは、愛知県常滑市にある企業だったのですが、名古屋エリアには若手が多く、所長もお兄さんのような存在で、相談しやすい環境があったのが良かったと思います。
仕事は温水暖房便座の外装部品の設計補助です。
同僚は同じ部署に2名おり、他2名が他部署に配属になっています。
同好会は名古屋にもあって、野球とテニスの同好会が活動をしていますが僕は参加してません。(笑)

――どうしてデザインネットワークに就職を決めたのですか?

僕は「ものづくり」に興味があって、「ものづくり」に携われる企業を中心に就活をしていましたが、明確にやりたいことはなかったんです。
内定をもらったのは4年生の2月か3月だったと思います。
本当に良かったと思っています。

デザインネットワークの就職試験では、企業説明と筆記試験、そして面接があったのですが、企業説明の際に「S社の携帯音響機器」の話を聞きました。
「世界最小最軽量」の携帯音響機器を、弊社のエンジニアが開発したそうですが、「同業他社の追従を許さないアイディアを出さなきゃいけない」とアイディアノートをめくっていてひらめいたそうです。
以前の客先で培ったアイディアと経験で、「世界最小最軽量」の携帯音響機器を完成させたそうです。
アウトソーシング会社として多種多様な業界で経験したことで開発に成功したストーリーを聞き、非常に興味を持ちました。

――仕事のやりがいについて聞かせてください

嬉しいのは「ありがとう」と言ってもらえることですね。
社内で接している方に、自分がやったことに対して「ありがとう」と言われるとすごく嬉しくなります。

また、CADを使っていて、以前はできなかったことができるようになった時に自分の成長を実感します。
研修でもCADは習ったのですが、配属後も先輩の図面を参考に、独学でCADの勉強を進めました。
入社前と今ではCADスキルが段違いに付いたことが一番の成長だと思います。
今後のキャリアは、客先で必要不可欠な存在になることです。

仕事以外のプライベートについて

img_0095

――新卒で結婚したそうですね

同期は30人くらいいたのですが、10人くらいが地方に配属になり、他は関東圏でした。
僕は関西出身ということもあって、地方に配属になったのかもしれません。
配属先が決まった2014年に、学生時代から付き合っていた彼女と結婚をしました。
結婚を真剣に考えられるような、安定した企業に入社できたので、名古屋に行くことが決まってすぐに結婚を考え、2人だけでハワイで挙式をしました。
学生時代に貯金をしていましたし、親からの援助もあったので、結婚式を挙げることができました。

――普段はどんな生活をしているんですか?

平日は通勤時間が1時間程度のため、電車の中でスマホゲームを楽しんだり小説を読んだりしています。
最近だと「名探偵のおきて」という短編小説が面白かったですね。
休日は妻と過ごすことが多く、ショッピングや家でゆっくりしたりしています。

「シン・ゴジラ」や「君の名は。」などの話題の映画も妻と観ました。
映画は自宅で観るのも好きで、「インセプション」という夢の世界に入っていく映画が気に入っています。
謎めいたところと映像の見せ方が素晴らしくて、初見では頭に入ってこないので何度も繰り返し見ました。

――新卒で入社する方にアドバイスをお願いします

入社したら、疑問は抱え込まずにぶつけて欲しいですね。
業務に関してだけではなく、「話す」ことって大切だと思います。
雑談でコミュニケーションを取って、相談相手を作っておくといいですよ。