森岡 拓也|機械系エンジニア

2016/10/20

目標は「技術士」取得!仕事と資格勉強の両立に奮闘中です!

氏名:森岡 拓也
年齢:26歳
現在の業務内容:真空装置関係の設計を担当。主な業務として、装置のリニューアル(仕様変更)による部品の設計検討図面の
修正や、新規開発の設計検討を行っている。
趣味:プラモデル製作、ネットサーフィン、ゲーム
最近ハマっていること:料理。今までも節約のために自炊していましたが、クックパッドさんを見て作っていました。副菜等のおかずのレパートリーを増やしたく、レシピ本を何冊か買い、読み漁っています。 お弁当は冷凍食品が主なので、少しずつ変えていきたいと思っています。

デザインネットワークの仕事について

――どうしてデザインネットワークに就職を決めたのですか?

日本大学の理工学部精密機械工学科を卒業して、2014年4月に新卒で入社しました。
インターネットで検索をしていて、たまたま見つけて採用試験を受けたのですが、実は担当教授の後輩がデザインネットワークにいたそうで、面接を受けた直後にお話を伺うことができました。
リアルな話が聞けたことと、「先生の知り合いがいる安心感」が大きな決め手になり、デザインネットワークで働くことにしました。

――どんな仕事をしているんですか

2014年の7月に、今のお客様の会社に配属になりました。
同僚は自分を入れて3人ですが、同じ建物内にグループ会社もあり、そこにも2人配属されています。
配属先は静岡県(裾野市)。今は沼津在住です。
CADを使って図面を書いていますが、環境に恵まれていると思います。
同期でも1年目にはCADに触れられなかった人もいる中、1年目からCADを使って経験を積むことができました。

――静岡エリアでは勉強会があると聞きました

私は、「機械装置を設計したい」という希望があります。
「技術士」という資格があるのですが、「技術士」資格の機械分野を先輩の渡辺さんが取得されました。
技術者派遣という働き方だと、一つの分野で経験を積むことができず、取得するのはかなり難しいとされている資格なんです。

渡辺さんが、「機械分野の資格は少ない。技術士という資格は技術力の証明になる」と教えてくれました。
これから毎月1回の勉強会に参加して、技術士補の資格をまずは取得したいと思っています。
「技術士」を取得しているのは、デザインネットワークの社内でも2人しかいません。
目標とする先輩といっしょに働くことができるチャンスなので、今のうちに吸収できることは吸収したいです。

――仕事のやりがいについて聞かせてください

設計業務へ配属となり、私が設計したものについて”凄い!”や”いいじゃん!”って周りから言われた時は本当に嬉しかったですね。
褒められるとやりがいを感じます。
1、2年目で経験が浅いので、先輩に相談しながら未経験の業務をやり遂げました。

私自身仕事を辞めたいと思ったことはなく、壁を感じた経験もないです。
千葉県に住んでいて、県外に出てみたかったので、配属先は「どこでもいい!」と思っていました。
今の内に色んな会社でものづくりを経験したいなって。
だから、就活でも技術者派遣に絞って探していました。
他人の評価はあまり気にならないですが、不思議と取材の依頼を受けることが頻繁にあります。

仕事以外のプライベートについて

img_0125

――ご結婚おめでとうございます!

2015年に入籍して、今年舞浜のホテルで挙式を予定しています。
付き合いはじめた時期ですか?
高校時代からなので9年目でしょうか。

現在は、妻の仕事の関係で沼津に住んでおり、勤務地の裾野まで毎日車で通っています。
往復の通勤ではほぼ毎日渋滞に巻き込まれますね。。。
勤務場所の裾野では、冬には雪も積もるので車は冬用タイヤ必須です。
野生の鹿などもいるため、”事故(鹿)に気をつけましょう”と会社ではよく言われます。(笑)

妻がサービス業で、平日休みなので、土日は家事を手伝うことが多いですね。
共働きなので、帰宅してから私が夕食を作ります。

――普段はどんな生活をしているんですか?

趣味は昔から続けているネットゲームとかネットサーフィン、プラモデル作りも好きです。
ネットゲームはコミュニティがあって辞められないですね。
プラモデルはガンプラがメインです。
ガンダムWの白くて綺麗な感じが好きなんです。

妻と一緒に過ごす時には、一緒にアニメを観ることもあります。
2人で楽しめる作品をセレクトすることが多くて、「夏目友人帳」が好きです。
妻がニャンコ先生というキャラクターが好きなので、うちにはぬいぐるみが沢山あります。(笑)
最近だと「甘々と稲妻」というアニメを一緒に観ました。
幼稚園の女の子が出てくるのですが、「子どもってやっぱり良いよね」とか話しながら楽しんでいます。

――新卒で入社する方にアドバイスをお願いします

私が就活の時につまずいたと感じたのは、インターネットでの検索のやり方がわからなかったことです。
やりたいことがあまり明確ではなく、「機械」ということだけしか決まっていませんでした。
もし可能であれば、やりたいことを明確にしておくと良いと思います。